150621

アート,インテリア,結婚式・ウェティング

【簡単ブライダルDIY】ウェディングフォトにピッタリなタッセル付きバックドロップの作り方

2015年6月21日  

2061 Views

世界でひとつだけのアクセサリーをアプリでデザインできる!Quintet-クインテット-

こんにちは!DIY HUNTです。

バックグラウンドに飾るデコレーションである『バックドロップ』は、一生の記念になりウェディングフォトの撮影なんかに大活躍♪♪
トラディショナルな撮影も良いかと思いますが、人と違ったものにしたいという方にオススメです。
一風変わったバックドロップを使ったクールな記念撮影をしてみませんか?

本日は撮影会に活躍するタッセル付きバックドロップの作り方をご紹介します!

 

【用意するもの】

150621_0009
・毛糸 (写真では異なるブルー系を使用)

・マニラロープ

-麻のロープ。船舶用に使われる等耐久性のあるロープです。色合いがくすんだ茶で、ブルーとあわせるとミッドセンチュリー風の雰囲気になります。

 

・はさみ
・ゴールドスプレーペイント
・ゴールドリーフ
・スプレーのり

 

【作り方】

(1)マニラロープにゴールドペイントをスプレーする。
スプレーが定着したら、スプレーのりをつけてゴールドリーフをハイライトになるよう重ねる。

(2)8~13センチの異なる長さに切ったマニラロープを用意し、端を輪にして毛糸を固結びしたら巻き付けていく。

150621_0006

 

(3)輪が固定されたら毛糸を固結びし、余分な部分をカットする。

150621_0007


(4)ボードに毛糸を80~100回巻きつける。(写真では20×25センチのものを使用)
はさみで毛糸の束を切ってボードから取り外す。

150621_0004


(5)毛糸の束の真ん中部分を長めの毛糸1本で結ぶ。

150621_0005

 

(6)毛糸の束を半分に折り、上から約4センチ部分にコントラストになる色の毛糸を巻きつけて結ぶ。

150621_0002

 

(7)長めに残しておいたトップの毛糸をマニラロープの端に巻きつけ結んで、毛糸の束を繋げる。

150621_0003

 

(8)もう1本同色の毛糸を用意し、上からもう一度巻きつけて留める。端から2.5~5センチほどマニラロープがカバーされるように。

150621_0001

 


(9)バーを用意し、タッセルを吊るしたら出来上がり♪

150621_0000

 

ウェディング用だけじゃなく、ベッドルームのインテリアに、タペストリーがわりに飾るのもいいかも♪150621_0008

 

 

 

(参考記事・画像出典元:ruffledblog.com )

DIY HUNTをフォローする >
記事をシェア >