150626

アクセサリー,ピアス・イヤリング,ファッション,手芸・ハンドメイド,結婚式・ウェティング

【海外のウエディングジュエリー♡】パーティーで活躍する3パターンのレースピアスの作り方

2015年6月26日  

2526 Views

世界でひとつだけのアクセサリーをアプリでデザインできる!Quintet-クインテット-

こんにちは!DIY HUNTです。

海外では『ブライズメイド』といって、結婚式でお揃いのドレスやジュエリーを付けて出席する新婦の親友達のことを呼びます。

レースを使った上品な雰囲気のピアスなんかは、ウェディングにピッタリ。

ブライズメイドが付けるのにも良さそう。

 

もちろん、そんな文化のない日本でも、普段のパーティーで少し背伸びをするオシャレにピッタリなアイテム!

パーティーで活躍するレースピアスの作り方3パターンをご紹介します!

 

150626_0015

 

★ゴールドレース編★

150626_0000
【用意するもの】

150626_0010

・ファブリックスティフナー

-布を固めるための液体です。

・ゴールドのレースアップリケ2枚

・小さなペイントブラシ

・曲爪ヤットコ

・マルカン4つ

・フック型ピアスパーツ2個

 

【作り方】

・クッキングペーパーなどを敷いたエリアで、アップリケにファブリックスティフナーを塗っていく。
そのまま1時間ほど乾かす。

150626_0011


・アップリケのデザインによってはマルカンをつけやすくするために一部をカットする。

150626_0008


・ヤットコを使ってアップリケにマルカンを付ける。

150626_0009


・フック型のピアスパーツを付ければ出来上がり♪

150626_0005

★グリッター黒レース編★

150626_0002
【用意するもの】

150626_0012

・ファブリックスティフナー

-布を固めるための液体です。

 

・アメジストカラーのグリッター

・黒のレースアップリケ2枚

・小さなペイントブラシ

・曲爪ヤットコ

・マルカン4つ

・フック型ピアスパーツ2個
【作り方】

・アップリケにファブリックスティフナーを塗って乾かしたら、グリッターを重ね塗る。

・ヤットコでマルカンとピアスパーツを取り付ければ出来上がり♪

150626_0013

★飾りつき編★

150626_0001
【用意するもの】

・ファブリックスティフナー

-布を固めるための液体です。

 

・白のアップリケ2枚

・小さなペイントブラシ

・曲爪ヤットコ

・丸ヤットコ

・ニッパー

・ビーズ2個

・Tピン2本

・シルバーチェーン

・マルカン4つ

・フック型ピアスパーツ2個

 

【作り方】

・チェーンを好みの長さに切る。

・Tピンにビーズを通して90度に曲げる。曲げた角から0.6ミリほど上を丸ヤットコで挟んで巻きつけ輪を作る。

150626_0014

・ヤットコで挟んだままのTピンに、シルバーチェーンを通す。曲爪ヤットコでTピンの端を持ってシルバーチェーンをビーズと輪の間の0.6ミリスペースの位置に持ってきたらTピンを素早く最低2回は巻きつける。Tピンの余分な箇所はニッパーでカットする。

150626_0007


・アップリケにマルカンを付ける。この時チェーン付きビーズを通す。

150626_0003

 

・フック型ピアスパーツを取り付ければ出来上がり♪

150626_0004

 

(参考記事・画像出典元:somethingturquoise.com)

DIY HUNTをフォローする >
記事をシェア >

この記事のタグ