DIYで無垢材を取り扱う際のポイント

DIY
DIYが趣味で、休日に物作りを楽しまれている方は沢山いらっしゃいます。そのような方の中には、無垢材をよく取り扱うという方も多いと思います。

こちらでは、DIYで無垢材を取り扱う際のポイントをご紹介いたします。

◯ 塗装

他の木材に比べて無垢材は、自然な風合いがあるので、塗装せずにそのまま使っている方も多いのではないでしょうか。しかし、塗装をしないと汚れが染みついてしまうおそれがあり、汚れを落とそうにも無垢材は洗剤に強くありません。そのため、無垢材で家具などのアイテムを作った際には、塗装することをおすすめいたします。

それでも無垢材の自然な風合いは残したいという方は多いと思います。そのような場合は浸透性塗料を使うことで、自然な風合いを残すことができます。また水や汚れ、傷などから守りたい場合は、コーティング系塗料を使用するなど用途に合わせて選ぶことが大切です。

◯ 防虫対策

無垢材は、加工されてなく自然のままの状態に近いので、防虫対策が必要になります。虫といっても、乾燥した木材を食べる虫や、湿った木材を食べる虫など様々な虫がいます。

そのため無垢材で作った家具を置く場所の環境で対策が変わってきます。湿気が多い、乾燥しているなど場所の状況に合わせた防虫対策を行うことが大切です。

◯ 寸法に気をつける

DIYで家具を作る際の注意点の一つとして、木材の変化を考えて寸法測定を行うということです。変化の条件は、木材の種類によって様々ですが、湿度や温度の変化によって木材が伸縮してしまい、寸法が変化することが多くあります。そのため、DIYで家具などを作る場合は、そのことに気をつけて寸法測定を行うようにしましょう。

DIY HUNTは、DIYの情報サイトです。
趣味でインテリア家具を作ってみたり、編み物や手芸などでハンドメイドのファッションアイテムを作ってみたりなど、自分で色々なアイテムを作ってみたいと考えている方は、多くいらっしゃいます。しかし、一から自分で作るには、様々な情報が必要になるはずです。そんな時には、ぜひDIY HUNTをご利用ください。