刺繍のステッチの種類

刺繍のステッチ

糸と針を使って細かく模様を表現する刺繍。
多彩なデザイン模様に仕上げることができるので、シンプルな服も刺繍するだけで自分だけのファッションが楽しめます。
そこで、こちらでは刺繍のステッチの種類についてご紹介します。

手芸初心者の方でも簡単にできる手法になっていますので、刺繍に興味のある方はぜひお試しください。

◯ ランニング・ステッチ

刺繍の基本的な縫い方で、様々なアイテムに活用できる便利なステッチです。
なみ縫いのような仕上がりで、初めての方でも簡単に縫うことができます。点線のような模様が特徴で見た目はシンプルですが、無地のランチョンマットやタオルに刺繍するとさりげないアクセントになって素敵なアイテムに仕上がります。

◯ スレッデッド・ランニング・ステッチ

名前を聞くと難しそうなイメージですが、この縫い方はランニング・ステッチに糸を通しながら刺す手法です。
波状の緩いカーブが特徴で、ランニング・ステッチよりも線を強調することができます。糸の色を変えると違ったイメージに仕上がりますので、ぜひ自分の好きな色でアレンジすることをおすすめします。

◯ クロス・ステッチ

刺繍糸をクロスさせながら、Xの字に縫う手法です。布のマス目に沿って刺繍するだけなので、初めての方にも取り入れやすく、ラインから模様まで幅広く使用することができます。

◯ チェーン・ステッチ

チェーン(鎖)のようなデザインの刺繍になります。直線や曲線を描く際に便利な手法で、見た目が綺麗です。
一見、難しそうに感じますが「針を抜く前にしっかり糸を引っ掛ける」「強く引っ張らない」この2点を押さえておけば簡単に縫うことができます。

その他にも、刺繍のステッチには様々な種類があります。
色々なステッチを覚えて、ぜひあなただけのオリジナル作品を作ってみてはいかがでしょうか。

DIY HUNTは、編み物や手芸などのハンドメイド・DIYに興味がある方におすすめの情報サイトです。
誰でも簡単に作れるネックレスやリング、ヘアアクセサリーなど毎日のファッションにプラスしたいアイテムをはじめ、インテリアに役立つ情報などを豊富にお届けしております。
「ハンドメイドアクセサリーを作ってプレゼントしたい」「DIYでちょっとした家具を作ってみたい」とお考えの方は、ぜひDIY HUNTをご覧ください。